So-net無料ブログ作成

競馬頭脳オペレーションシステム [競馬商材]

大島和也の師匠・新田亮の『競馬頭脳オペレーションシステム』

5つの競馬商材がパッケージとなっている盛りだくさんな競馬商材です。
中身は、PDFで241ページと非常に濃いものになっていますので、じっくり馬券術を身につけたいという方にはおすすめです。
ただ、競馬ソフトのように簡単に買い目を出す方がいいという方には向いていません。
じっくり馬券術を身につけたいという方にとっては、非常に身のある内容になっています。

1.X-DAY (PDF61ページ + 音声60分)
2.Morning moon initiative (PDF42ページ + 音声50分)
3.Genuine speed investment (PDF58ページ + 音声50分)
4.毛利元就の戦略 (PDF20ページ + 音声30分)
5.戦略的投資競馬 頭脳戦略 (PDF67ページ)

1.X−DAY
2.Morning moon initiative
3.Genuine speed investment
こちらの3点は、買い目が出せる馬券投資法です。

4. 毛利元就の戦略
こちらは、買い目を広げて利益率を高める馬券投資法です。

5.戦略的投資競馬 頭脳戦略
こちらは、競馬で勝つための原則を体系的にまとめた理論書になっています。

計5商品のパッケージセットとなっていますので、非常にお得感のある商品だと思います。
中には、日刊コンピを利用して、回収率を高める方法も紹介されています。
日刊コンピには月額500円必要です。
ただ、この馬券術を利用する際に、必ず必要な訳ではありません。
500円がもったいないという方は日刊コンピは利用しなくても馬券術は実践できます。
基本的には、出馬表があれば実践できますので、競馬新聞などがあれば十分です。

どの馬券術も中身がしっかりしていますので、競馬が好きな方であれば、すぐに読み倒してしまうでしょう。
初心者の方にも分かりやすく図や表を使って解説されています。

的中率の高い複勝で勝負する。
勝ちやすいレースを選ぶ。
勝ちやすい馬の中からさらに信頼できる馬を選ぶ。
高頻度で実践できる投資法を使う。
パッケージ化されたこの競馬商材には、この4点が盛り込まれています。
ひとつひとつ分かりやすく解説されていますので、競馬初心者の方でも理解できるでしょう。
競馬経験者の方であれば、解説が分かりやすいので、すぐに理解できる内容になっています。

4つの馬券術があります。
これだけ馬券術がパッケージ化されているとどの馬券術から実践しようか迷ってしまうかもしれません。
そこで、推奨されている実践方法がありますので紹介します。

短期的に結果を出したい方→Morning moon initiative

馬券理論を基礎から身に付けたい方→X-DAY

最終的には全てを把握することで、この馬券術の効果を体感できますが、内容量が多いのですぐに実践したいという方は、Morning moon initiativeから実践してみましょう。

大島和也の師匠・新田亮の『競馬頭脳オペレーションシステム』



共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます